エクセルを使うときに知っておきたい基礎の基礎

日常的にエクセル使ってますか?

エクセルは表計算ソフトです。会社であったら売上の集計や名簿などに使用されることが多いですね。家庭であったら家計簿でしょうか。パソコンを使う中でエクセルに触る機会はたくさんありますが、エクセルはいろいろなことができて本当に便利です。簡単に計算することができるので、電卓代りにエクセルを使う人も多いのです。計算式を入力すれば繁雑な計算でも自動でやってくれるます。ですが、エクセルはその他にもいろいろできることがあります。

数式を覚えれば一通りのことはなんでもできる!

計算ができるのというのがエクセルの最大の特徴であり1番良く使う昨日ですが、数式を使うことで加減乗除だけでなくより複雑で高度な計算を行うことができます。指定範囲の合計を求めるSUM関数や平均を求めるAVERAGE関数、最大値を求めるMAX関数、最小値を求めるMIN関数、数値の個数を求めるCOUNT関数などが基本となります。これらはツールバーの右上にあるΣ(シグマ)ボタンで簡単に入力することができます。また、数式バーの横にあるfxというボタンから関数を挿入することもできます。簡単な関数の説明も出るので、まずはここから使いたい関数をチェックしてみましょう。

見た目も美しく整えてこその集計表!

会社で集計表を、家庭で家計簿を作成する際、計算式を入力して表を作成します。でもそれだけでは少し味気ないですね。罫線を引いたり、タイトルを太字にしたり、見た目の体裁を整えることでより見やすく工夫することができます。上部に罫線や塗りつぶし、フォントの設定ができるボタンがそれぞれあります。表全体に同じ設定を行いたい場合には、先に範囲を選択しましょう。その状態で右クリックして「セルの書式設定」を選択します。そうすると、選択した範囲にまとめて設定を適用することができます。表の体裁を見やすく工夫してみましょう。

パソコンが出来ることが当たり前になっている世の中では、資格が力になって来ています。確実にパソコンの資格を取得したいのなら、MOS講座が人気です。ワード・エクセルの資格を取得して上手に利用しましょう。